こもだの家づくり

こもだの家づくり

自然の恵みを活かした「人と地球に優しい」住まい作りをこもだと一緒に考えませんか?

ご家族が毎日を明るく健康に暮らせる住まいは、なるべく心と身体に優しい自然素材を使った住まいであることが理想です。

 

私たちこもだ建総は、無垢の木や漆喰といった自然の素材を使った家づくりで、「ご家族に永い間安心して暮らしていただける本物の住まい」を提供することにこだわり続けています。

 

自然の中に身を置くだけで心地よさを感じるように、私たち人間は古来より自然と共に暮らしてきました。木の匂いや木肌に触れたときに感じる安らぎや暖かさ…。見た目の豪華さだけでなく、空気を清浄に保つ無垢の木や漆喰の特性など、自然素材の持つ長所を家づくりに活かし、「世代を超えて住み継がれていく本物の住まい」を提供していくことが私たちの使命です。

 

「漆喰の壁」「無垢材」「桧焼き土台」を用いるのは、心地よさと健康、そして環境のためにこもだでは『当たり前のこと』と考えています。

 

地球環境にやさしく、心地よく長く暮らせる住まい。それがこもだの家です。

 

 

構造材は、樹齢60年の紀州産無垢材を使用

構造材イメージ

家の構造材は、「生産者の顔が見える」木にこだわっています。永い間安心して暮らしていただける家を作るためには、産地、樹齢、生産者を明示できる確かな品質の木であるべきと考えるからです。

 

こもだの家に使われる木は、紀州の名門・山長商店の樹齢60年の厳選無垢材。5,000ヘクタールを超える山林から伐採された木が“山長ブランド”として出荷される優良材は、その中でも2割ほどしかありません。

 

樹齢が60年を超えると、木の強度は飛躍的に強くなります。木の産地や樹齢にこだわる私たちの家づくりの姿勢は、「世代を超えて住み継がれていく本物の住まい」を提供していくという思想を映し出したものです。

 

>>無垢材について詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

漆喰の塗り壁が、標準仕上げという贅沢

漆の塗り壁施工例

住み心地の良さをもたらす空気の質感。素材の持つきめ細やかさと手仕上げによ

る有機的で美しい仕上がり…。ご家族が毎日暮らす家だからこそ、こもだの家は、漆喰が持つ魅力を存分に味わっていただけるよう、漆喰の塗り壁を標準仕上げとしています。

 

漆喰は、2億5,000年以上前のサンゴ礁である石灰から作られ、シックハウスの原因となる物質を一切含まない100%自然素材です。また、漆喰には、高い調湿効果やホルムアルデヒドなど人体に有害な物質を吸着・分解する働きがあるため、四季を通じて心地よい毎日を過ごすことができます。

 

>>漆喰について詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

冬暖かく夏涼しい断熱

dannetsu

断熱の良い家は、『環境に優しい』、『家計に優しい』、『そして快適で人に優しい』の3つの優しさを手に入れることができます。

こもだの家は、最新の断熱基準『平成25年改正省エネ基準』をさらに10%上回る『認定低炭素住宅基準』相当の断熱性能を有した建物を標準仕様としております。

 

 

>>断熱について詳しくはこちらをご覧ください

 

 

 

ライフ生活から発想する設計デザイン

さいたま市O様邸 キッチン

快適な暮らし方は、暮らしを間取りに合わせるのではなく、

ご家族の生活に合わせた住まいを作ることが基本です。

私たちの家づくりは、完全オーダーメイド。

設計スタッフがご家族の暮らし方をお伺いすることから

家づくりが始まります。

 

その土地の夏に吹く風の方向や、陽当りや眺望に至るまで、

敷地の条件を最大限に生かした設計をします。

そのことで、住みやすくて快適なだけでなく、省エネ効果も

高めることができる設計手法です。

 

>>設計デザインについて詳しくはこちらをご覧ください

 

| トップページへ戻る |