こもだ建総はZEH登録ビルダー

こもだ建総はZEH登録ビルダーです

_MG_0335

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、住宅の高断熱化と高効率設備により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光発電等によってエネルギーを創り、年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロ以下となる住宅です。

 

経済産業省では、「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現すること」を目標とし、普及に向けた取り組みを行っています。

 

上記の目標の達成に向け、平成28年度のZEH支援事業(補助金制度)においては、自社が受注する住宅のうちZEHが占める割合を2020年までに50%以上とする目標を宣言・公表したハウスメーカー、工務店、建築設計事務所、リフォーム業者、建売住宅販売者等を「ZEHビルダー」として公募、登録し、屋号・目標値等の公表を行っています。(以上、資源エネルギー庁HP参照)

 

 

ZEHとは、「快適な室内環境」と、
「年間で消費する住宅のエネルギー量が正味で概ねゼロ以下」を同時に実現する住宅

ZEH01

 

 

ZEHの補助事業

省エネルギーの政策として、多くの方がZEH(ネットゼロエネルギーハウス)の住まいを建築しやすいよう、国からの補助金制度があります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【平成29年度について】

補助額は75万円/件を予定しています。なお、補助件数は9,700件程度を想定しています。

また、ZEH仕様にすることで、住宅ローン金利が優遇されたり、その他補助事業(地域型住宅グリーン化事業)の補助金を受けられるケースもあります。

 

※詳しくはお問い合わせください。

 

 

こもだのZEHへの取り組み 
機械設備に頼らず『住宅そのものの快適性能』を基本

多くの住宅会社で見られるような、太陽光発電・エネファーム・高性能エアコンなど『設備の性能』に頼ったZEHではなく、断熱性能や素材そのものの良さ『住宅そのものの快適性能』を基本として、プラスアルファで設備を追加することでZEHを実現していく考えに基づいています。

 

ZEH02

 

 

 

株式会社こもだ建総は目標として 
2016年度~ 10%
2017年度~ 20%
2018年度~ 30%
2019年度~ 40%
2020年度~ 50%
の家をZEH化したいと考えています。

| こもだの家づくりへ戻る |