国産無垢構造材

地震に強くて長持ちする家には国産無垢材

樹齢60年以上の紀州産無垢材を使用

樹齢60年

紀州産の木は、木目が詰まっているのが特徴です。年輪が正円に近く、間隔が狭く均一。木がやたらと太るのを抑えて育成しているためです。木は、引き締まって目が詰んでいるほうが、強く、狂いが少なく、木材として優良です。
こもだの家では、紀州の名門・山長商店の樹齢60年の厳選された無垢材を使用しております。

 トレーサビリティー(顔の見える)安心素材のみ使用

植林からプレカットまで一貫生産されるのが山長商店の構造材です。通常の木材の流通では、林業家が原木を原木市場に出荷し、製材業者が原木市場から仕入れて製材加工して一次問屋(木材市場)に出荷、その後二次問屋・材木屋を経て工務店に届きます。

この過程で、現場に届く材木がどこの産地で樹齢何年であるかは判別できなくなります。また、中間マージンも発生します。こもだ建総で使用する構造材は、山長商店から直送されます。生産から加工に至るまで、顔の見える構造材です。

 

  • 適地適木

    紀州の林業は、土壌に合った樹種を選び植林していく「適地適木」を重視。400年の歴史から培われてきた専門技術と手間を注ぎ、永い時間をかけて良質な木材を育てていきます。

    適地適木

  • 製材技術

    大きな機械を扱う製材にも、匠の心を持った職人の目と腕を働かせます。丸太の素性を見極め、丸太の芯が中心にくるよう、最適な加工を施していきます。

    製材技術

  • ゼロエミッション乾燥

    最新鋭の乾燥設備を導入した、ハイレベルな乾燥技術。乾燥装置の熱源は、廃材を活用するゼロエミッション。廃棄物ゼロを目指し、環境対策にも取り組んでいます。

    ゼロエミッション乾燥

  • コンピューター仕上

    加工がおざなりでは、60年あるいは100年以上かけて育てた木に申し訳ありません。コンピューター制御により、0.1ミリ単位の精度で4面同時加工をおこない一本一本成形します。

    コンピューター仕上

  • プレカットと品質検査

    プレカットの段階では、機械のセンサーによって含水率や強度が測定され、JAS認定の品質表示が一本一本に刻印されます。最後は職人の目による厳しい選別をおこないます。

    プレカットと品質検査

  • 生産者の「顔が見える」木材

    植林からプレカットまで、永い年月をかけて一貫生産された木材は、中間業者を通さない産地直送。産地・樹齢・強度・生産過程の全てが分かり、生産者の「顔が見える」木材です。

    生産者の「顔が見える」木材

 

 

無垢材の良さを生かす経験と技術

    • 焼き土台

      山長商店から届いた土台や大引きは、大工の手により丁寧に表面を焼いていきます。腐りにくく白蟻に強い、それでいて体に無害な処理方法で、古代遺跡からも焼き土台が出土しています。

      20170609100937_1541591851

       

    • 適材適所

      例えば床より下に使う素材は湿気に強い桧の無垢材を使う。筋交いは地震の横揺れに対して力を受ける素材なので強くて粘りのある桧材の無垢材を使うなど、適材適所の家づくりをします。

      適材適所

    • こもだで育った大工

      どんなに良い素材でも、どんなに良い設計でも、実際に作るのは人の手。こもだ建総ではこもだで育った無垢材に精通した専属大工があなたの家を作ります。

      こもだで育った大工

 

| 無垢材の家へ戻る |